練習方法

指が短いけどピアノを弾きたい方へ

ピアノを弾く方なら一度は自分の手の大きさや指の長さについて考えたことがあるのではないでしょうか。

大好きな曲や「この曲を弾きたい!」と思ってピアノを始めても、いざ楽譜を見てみたら音域がものすごく広かったり和音が連発していたりして挫折してしまった経験がある方もいらっしゃるかもしれません。

ピアノを弾くのに向いている手、向いていない手という言葉を聞いたことがありませんか?

手が小さかったり指が短かったりするとピアノを弾く上では不利だと考える方が多いですよね。

もちろん手が大きい人、指が長い人よりも手が小さい、指が短い人のほうが有利かと言われればそうではありませんが、必ずしも絶対に上手に弾けないかと問われればそんなことはありません。

音楽の歴史に大きな功績を残した作曲家にもとても手が小さかった人や指が太く短かった人などはいますし、目が見えなかった人、耳が聞こえなかった人だっているのです。

手が小さい人、指が短い人にはそんな人のためのトレーニング方法や弾き方があります

ピアノというのは毎日の継続がとにかく大切な楽器です。
指のトレーニングも気長に毎日続けていけば必ず今より良くなるので、とにかく毎日少しずつでもいいので続けましょう。

あなたの指はどの程度短いですか?

ピアノを弾く上で指が短いかどうかというのはオクターブが届くかどうかというのが一つの基準になります。

まずはピアノの鍵盤に実際にピアノを弾く時のフォームで指を置いてみてください。

ドからド、オクターブは届きますか?

このとき重要なのはピアノを弾く時のフォームのままで指が届くかどうかということです。
指を目一杯広げてぎりぎり指先が鍵盤に触れているという状態なら、それは届くとは言えません。

指を思いっきり広げたときというのは指は反っていますよね。
ピアノを弾く時のフォームでは指は猫の手と表現されるように丸まっていなければなりません。

オクターブは届くけれどしっかり音を鳴らすのは難しいという程度か、ぎりぎり鍵盤に指が触れる程度か、全くオクターブが届かない状態かでは必要なトレーニングや対処法がちがいます。

まずは今の自分の指の状態をしっかりと把握しましょう。

指のストレッチ

子供ならばこれから成長とともに指の長さも変わりますが大人になってからはほとんど変わることはありません。

指の長さを変えられないならば指の幅を広げるしかありません。
より指が大きく開くようになればオクターブも弾きやすくなります。

体がストレッチで柔らかくなるように指もストレッチをすれば柔らかくなります
体のストレッチと同じようにお風呂上りなどの体が温まっているときに毎日少しずつ行いましょう。

まずはひざの上などに指をピアノを弾く時のフォームで軽く置きます。
そのまま指を一本ずつ親指側に痛気持ちいい程度に引っ張って、数秒そのままの状態で止めて元に戻します。

指のストレッチはやりすぎると指の関節や手首を痛めてしまう恐れがあるので注意してくださいね。

指の間の水かきの部分を反対の親指と人差し指で挟んでちょっと強めに押してマッサージするのも指の柔軟性を高めるのに効果的です。

ピアノを弾く上では手の大きさや指の長さよりも実は指や手首の柔軟性のほうが大切なのです。

弾けるようにアレンジする

毎日ストレッチを続けたとしてもオクターブに全く届かない状態から余裕で届くようになるのは正直言ってちょっと難しいと思います。

それならば指が短くても弾けるように楽譜をアレンジしてしまえばいいのです。

たとえば音域の広い和音を弾く場合では、届かない音はもう片方の手で弾いてしまうという方法もあります。

突拍子もないように聞こえますが実際にプロのピアニストでもこのような弾き方をしている人もいます。

この方法ならば音を聞くだけではまさかもう片方の手で弾いているなんてわからないので本来の曲の雰囲気を変えずにそのままで弾きこなすことが可能です。

オクターブの音を両方弾くのではなくどちらか片方だけ弾くという「シングル」という奏法もあります。

この方法では片方の音を弾かないのでどうしても音に重厚感がなくなってしまいますが、そんなに違和感があるというほどではありません。

オクターブのうちどちらの音を弾かないのかは実際に弾いてみて曲の雰囲気などから決めてくださいね。

もうひとつ、和音をほんの少しだけずらしてトレモロにするという方法もあります。

この方法ではいかに音の感覚を短くできるかが重要で、自然に聴こえるかどうか確かめてくださいね。

指の力を鍛える

なんとか指がオクターブに届くという場合には指の力を強くすることができれば弾けるようになります。

とくに薬指と小指を鍛えてください
指の力を鍛えるには専用のトレーニング器具がとても効果的です。

専用のトレーニング器具を用意するのが難しい場合にはひざの上にピアノを弾く時のフォームで指を置いて、薬指と小指だけでグーっと5秒程度押してみてください。
これを何度か繰り返すだけでも指の力を鍛えるトレーニングになります。

指が短いことのデメリット

指が短くてピアノが上手く弾けないと感じる理由はいくつかあります。

私自身は子供のころから手が大きめで指の長さも標準的なので指の長さや開きの幅などで困った記憶はほとんどないのですが、保育士志望で高校生からピアノを始めた友人や知人からは「オクターブが届かない」「音に表情がつけにくい」「指を届かせることに必死になってしまってつい強く鍵盤をたたくように弾いてしまう」などの声をよく聞きます。

そもそも手の大きさは体格に比例することが多いですし、日本人は世界的に見て小柄な人が多いのが事実です。
とくに女性には手が小さい人が多いのではないでしょうか。

でも日本人の女性のピアニストはたくさんいます。

中には指が太くて黒鍵と黒鍵の間の白鍵を弾けないという方もいます。

手が小さい、指が短いということがピアノを弾けない決定的な理由にはならないのです。
トレーニング次第で改善できますので頑張ってくださいね。

オクターブの練習ができる曲

「乙女の祈り」という曲は冒頭からオクターブでメロディーが構成されていて、初心者の方のオクターブの練習にはぴったりです。

曲自体はよく小学生の発表会の曲として選ばれるそれほど難易度の高くない曲ですので、曲の中でオクターブを弾く練習や指の動きのトレーニングに弾いてみてください。

指の短さをカバーするためのトレーニングはピアノを使わなくても行えるものが多いですが、実際に鍵盤を弾く感覚とはまた違いますのでちゃんと鍵盤の上でも練習するように心がけてくださいね。

普段使わない指の動きは指や手首を痛めやすいですし、手というのは生活する上でとてもよく使うので一度痛めてしまうとなかなか治りにくい場合が多いです。

早く弾けるようになりたいという気持ちはわかりますが、無理をしすぎないよう注意して行ってくださいね。

大切なのは私は指が短いから広い音域の曲は上手く弾けないと諦めてしまうのではなく、和音を楽譜通りに弾くのは無理だけどこの音は省いても大丈夫かもとポジティブに考えて練習を続けることです。

指が短い人のほうが指をくぐらせる動きや早いメロディーも指が絡まりにくくて弾きやすいという場合もあります。

自分なりの方法で楽しく弾けるよういろいろと試してみてくださいね。