楽譜

世代別!ピアノ発表会向けの曲選び~聴き映え曲~

ピアノ演奏者にとって、年に1度の発表会は日頃の成果を披露する絶好の機会となります。

1年の集大成として、レベルアップしたピアノをご家族やお友達に「生の音」でお伝えできるので、気合いの入りようも違うのではないでしょうか?(毎年発表会が開催されない方はスルーされてください。すみません。)

ご家族でピアノをあまりご存知ない方でも「あっ。この曲聴いたことある。」や、「あの時の思い出の曲だ。」等、「聴きにきてよかった。」と思っていただけるのも演奏者にとっては嬉しいことですね。

そこで、個人差もありますが、ピアノ発表会で「聴き映える」曲を紹介したいと思います。是非参考にしていただき、YouTube等での視聴も試されてみてください。

これから紹介する曲は、発表会やコンクールの課題曲で使用される、レベルに基づいたインパクトの残りやすい曲ばかりなので、きっと楽しく選べそうですね。

※「初心者でも1時間の練習で弾けるピアノ楽譜」を更新中!!

小学生のピアノ発表会の曲選び

小学生のピアノ発表会の曲選び

低学年から高学年までの年齢差・個人差がありますので、講師と相談しながら、あるいは、日頃どこかで聞いて「この曲何て曲だろう?弾いてみたいなぁ。」と思った曲を選ぶと練習も楽しくできると思います。

また、そんなに難しくない曲だけど、「聴き手にとっては難しく聴こえる曲」を選ぶのも「聴き映える」曲だと思いますので、お子様と一緒に研究されてみてください。

(小学校低学年へのおすすめ曲)

  • フラメンコ :ウィリアム・ギロック
  • エチュード:アラム・イリイチ・ハチャトゥリアン
  • チューリップのラインダンス:平吉毅州
  • 真夜中の火祭:平吉毅州
  • 小さな黒人:クロード・アシル・ドビュッシー
  • 雨の日のふんすい:ウィリアム・ギロック
  • あやつり人形のひとり芝居 :平吉毅州
  • 波のアラベスク:三善 晃

(小学校中学年へのおすすめ曲)

  • 雪の日のソリのベル:ウィリアム・ギロック
  • ワルツエチュード:ウィリアム・ギロック
  • バウムクーヘン:湯山昭
  • 鬼あられ:湯山昭
  • ソナチネ第1楽章:ウィリアム・ギロック
  • エチュード・アレグロ:中田喜直
  • グラドゥス・アド・パルナッスム博士:クロード・アシル・ドビュッシー
  • 幻想曲「さくらさくら」:平井康三郎

(小学校高学年へのおすすめ曲)

  • ゴリウォーグのケークウォーク:クロード・アシル・ドビュッシー
  • 大雷雨:ヨハン・フリードリヒ・フランツ・ブルクミュラー
  • 空気の精:ヨハン・フリードリヒ・フランツ・ブルクミュラー
  • ワルツ_ロ短調Op.69-2:フレデリック・フランソワ・ショパン
  • 「小犬のワルツ」変ニ長調Op.64-1:フレデリック・フランソワ・ショパン
  • 「別れのワルツ」変イ長調Op.69-1遺作:フレデリック・フランソワ・ショパン

中学生のピアノ発表会の曲選び

中学生になると、受験や部活等の理由からピアノ人口がグッと減ってくると同時に、中学生でもピアノを続けている=(イコール)上級者が多いです。

名曲を選曲することで、ピアノ技術の見せしめにもなりそうですね。

(中学生へのおすすめ曲)

  • ワルツ嬰ハ短調Op.64-2:フレデリック・フランソワ・ショパン
  • ホ短調(作品番号なし)遺作:フレデリック・フランソワ・ショパン
  • 幻想即興曲:フレデリック・フランソワ・ショパン
  • 2つのアラベスク 第1番:クロード・アシル・ドビュッシー
  • 亜麻色の髪の乙女:クロード・アシル・ドビュッシー
  • 小人の踊り:フランツ・リスト
  • 黒鍵のエチュード:フレデリック・フランソワ・ショパン
  • スケルツォ 第2番 作品31 :フレデリック・フランソワ・ショパン

高校生のピアノ発表会の曲選び

高校生のピアノ発表会の曲選び

音大受験生や、ピアノ生活ラストスパート等、進路の選択が分かれてきますが、もうここまでピアノが継続できたなら、どんな曲でも初見で弾けるくらいの上級者です。

「ザ・ピアノ」というような曲で勝負もできるくらい、演奏家のような披露をしてみたいですね。

(高校生へのおすすめ曲)

  • ピアノ・ソナタ 「月光」全楽章:ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
  • ピアノ・ソナタ第8番「悲愴」全楽章:ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
  • 革命のエチュード:フレデリック・フランソワ・ショパン
  • 英雄ポロネーズ:フレデリック・フランソワ・ショパン
  • エチュード 作品10-1 :フレデリック・フランソワ・ショパン
  • エチュード 作品10-4:フレデリック・フランソワ・ショパン
  • 木枯らしのエチュード:フレデリック・フランソワ・ショパン
  • 愛の夢 第3番:フランツ・リスト
  • ため息:フランツ・リスト
  • ラ・カンパネラ:フランツ・リスト

大人のピアノ発表会の曲選び

お子様の発表会に交じりながらも、ピアノコンクールでの入賞を目標にされたり、大人になってピアノへの興味が湧いた方等、個人差、経験期間等がバラバラですが、ここは、しっとりとした大人のイメージ曲を選曲したいところですね。

(大人の方へのおすすめ曲)

  • エオリアンハープ:フレデリック・フランソワ・ショパン
  • ベルガマスク組曲より「月の光」:クロード・アシル・ドビュッシー
  • 夜想曲第2番変ホ長調 op.9-2:フレデリック・フランソワ・ショパン
  • 水の戯れ:モーリス・ラヴェル
  • 雨だれの前奏曲:フレデリック・フランソワ・ショパン

今回ヨハン・ゼバスティアン・バッハの曲はあえて含めておりません。理由としては、ヨハン・ゼバスティアン・バッハは暗いのと、インパクトに欠けるのと、聴き映えには劣っているからです。

練習曲にはヨハン・ゼバスティアン・バッハは必須ですが、発表会向きではないかと・・・。(個人的主観で申し訳ないです。ヨハン・ゼバスティアン・バッハのファンの方、申し訳ございません。)

連弾の曲選び(番外編)

連弾の曲選び(番外編)

ソロ部門とは別に連弾部門もプログラム構成に含まれている発表会が一般的ですが、皆様の発表会はいかがでしょうか?

先生と生徒の連弾、兄弟・姉妹の連弾、親子連弾、お友達同時連弾等、二人または複数名で弾く楽しさもある連弾曲のご紹介もしていきます。

(連弾おすすめ曲)

  • 情熱大陸:葉加瀬太郎
  • ラプソディー・イン・ブルー:ジョージ・ガーシュウィン
  • 木星:グスターヴ・ホルスト
  • 歌劇『トゥーランドット』より「誰も寝てはならぬ」:ジャコモ・アントニオ・ドメニコ・ミケーレ・セコンド・マリア・プッチーニ
  • ボレロ:モーリス・ラヴェル

いかがでしたか?

「聴き映える」曲を紹介させていただきましたが、ピアノ曲はまだまだ他にも「聴き映える」曲は数えきれないほどございます。

視聴等をされてみて、楽しく練習に挑める曲選びが一番なので、是非参考にされてください。

※「初心者でも1時間の練習で弾けるピアノ楽譜」を更新中!!