コード進行

音程と度数について

楽譜を理解するにあたり、必要になってくるのが音程の理解です。ここでは音程や度数について書きます。

掘り下げるとかなり深い内容になってしまうのが、この「音程と度数について」です。

まずは触りから覚えていけると良いです。

「音程」と「度数」とは

「音程」というと、音の高さを指すことが日常では使われます。カラオケに行って、音程があってないな~とか、音程を外した!などと使われていることが多いと思います。

しかし、ピアノを練習していく上では、別の意味合いの「音程」が存在します。

この別の意味合いの「音程」と一体何なのか?それは、2つの音の間隔のことを指します。

音は、ド、ド#、レ、レ#、ミ、ファ、ファ#、ソ、ソ#、ラ、ラ#、シ、ドがあります。(異名同音除く)。

ドとド#のように、隣りの音を「半音」、ドとレのように単純に音名で数えた時の隣りの音で、半音が二つ入っているものを「全音」と言います。

#や♭のついている音のことを「派生音」と呼び、#や♭のついていない音を「幹音」と呼びます。

音程を数えるときには、「幹音」の数を数えます。「派生音」は、ひとまず♯や♭を外して考えます。音程は、「度数」という単位で数えます。

例えば、ドとミは、この2音の間にドレミの3音が入っているので、3度になります。ドとソは、この2音の間に、ドレミファソの5音が入っているので、5度になります。1オクターブは、ドレミファソラシドの8音が入っているので8度になります。

このように単純に数えた音の数が、「音程」と呼ばれます

音程の種類

前述のとおり、音程とは2つの音の間隔を指します。この2つの音の間隔は、「幹音」の数で数えることを前提としていました。

しかし、どちらか、あるいは、両方の音に、#や♭などが付いていて、「派生音」となった場合はどうなるのでしょうか?

音程には様々な種類があります。大きく分けて、3種類あります。完全系、長短系、増減・重増減系の3種類です。

派生音が出てきた場合には、度数は変わりませんが、度数の前についてくる名前が変わります

では、完全系とは何か?長短家とは何か?増減・重増減系とは何か?音程を知るうえで必要不可欠なものに、前述した「全音」と「半音」があります。

「全音」と「半音」、「幹音」と「派生音」を踏まえて、それぞれの音程の仕組みと特徴を挙げてみたいと思います。

完全系

完全系とは、幹音で数えて1度、4度、5度、8度の音程です。

根音から数えた時に全音と半音の組み合わせの数が一定のものを完全系と呼びます。

  • 完全1度:根音と同音の場合に使われます。
  • 完全4度:半音1組と全音2組から成り立ちます。例えば、ドとファの完全4度の場合、半音1組はミファ。全音2組はドレ、レミ。
  • 完全5度:、半音1組と全音3組から成り立ちます。例えば、ドとソの完全5度の場合、半音1組はミファ。全音3組はドレ、レミ、ファソ。
  • 完全8度:半音2組と全音5組から成り立ちます。例えばドと1オクターブ上のドの完全8度の場合、半音2組はミファ、シド。全音5組は、ドレ、レミ、ファソ、ソラ、ラシ。

いずれの場合も、根音がどの音になっても、組み合わせの数は変わりません。

長短系

長短系は、幹音で数えて2度、3度、6度、7度において用いられる音程です。

それぞれの度数に、長〇度、短〇度とどちらも用いられます。

  • 2度:全音は長2度、半音は短2度です。
  • 3度:全音1組が長3度。全音1組と半音1組が短3度です。
  • 6度:全音4組と半音1組が長6度、全音3組と半音2組が短6度です。
  • 7度:全音5組と半音1組が長7度、全音4組と半音2組が短7度です。

いずれの場合も、半音広いものが長〇度、半音狭いものが短〇度と覚えてしまいましょう。

増減・重増減系

増減・重増減系は、すべての音程に使用可能です。

元の音程より2音の間が、半音分増えたものが増〇度となります。逆に、2音の間隔が半音分減ったものが減〇度となります。

増〇度から2音の間隔が、更に半音分増えたものが重増〇度となります。これもまた逆に、減〇度から2音の間隔が、更に半音分減ったものが重減〇度となります。

ちなみに、完全1度の場合は、同音なのでそれ以上減らせないため、減1度は存在しません。

言葉にするとややこしいのですが、音程の関係性は、図式にすると、

減⇐完全⇒増
減⇐短⇔長⇒増

このようになります。それぞれその隣に、重増と重減があります。

音程の名称と特徴

音程にはさまざまな理論や性質を持っているものがあります。音程の種類が理解でき、余裕がある場合に覚えておくと便利なこともあります。

いくつかピックアップして、ご紹介します。

単音程・複音程

単音程とは、ドを根音としたときは、ドレミファソラシドの中の2音で構成され、1度から8度で数えられる音程が、単音程にあたります。

複音程とは、ドを根音としたときは、1オクターブ上のド以降の音で構成された音程です。この場合、9度、10度、11度…と表記されるのではなく、1オクターブと1度、1オクターブと2度…、又は、オクターブと〇度というように表記されます。

転回音程

転回音程とは、音程の2音を楽譜上の上下を入れ替えてできる音程を指します。

例えば、ドとファの転回音程は、ファとドになります。

転回音程は完全系と長短系で、性質が変わってきます。

完全系の場合、転回しても完全系のままなので度数が変わったとしても、響きが変わらず、聞いていても大した違いがありません。

しかし、長短系の場合は、転回すると、長短も転回し逆になってしまいます。長3度を転回すると短6度に、短3度を転回すると長6度にといったように、短調が逆になります。

これによって、音の明るさ、暗さも逆になるので、かなり響きが変わってきます

長音程と短音程の転回と同様に、増音程は転回すると減音程に、減音程は転回すると増音程になります。響きの明暗が変わってきます。

作曲するときや、曲を弾いていて指が届かない、音がぶつかるなどの事情があるときに、和音を転回することがありますが、その時には、長短系の和音には注意が必要です。

異名同音程

異名同音程とは、異名同音が使われている音程を指します。異名同音とは、音の名前が違うが同じ音、簡単に言うと、楽譜に記載されているのは違う音なのに、同じ鍵盤で弾く音です。

例えば、ミとファ♭は、違う名前ですが同じ鍵盤を弾きます。このような音が含まれている音程を異名同音程と言います。

楽譜を読むときに気を付けましょう。

協和音程・不協和音程

協和音程とは、音程の2音が協和音になる音程のことを言います。協和音とは、響きがぶつからず、ハーモニーとして成り立つものを言います。

実際の音程としては、完全音程、長短3、6度が一般的な協和音程です。

不協和音程とは、音程の2音が不協和音になる音程のことを言います。不協和音とは、隣りの音や、響きがぶつかり、濁っている音を言います。

実際の音程としては、長短2、7度、増音程、減音程が一般的な不協和音程です。

こちらは、作曲する際に好みもあるとは思いますが、確認しながら厳選すると良いでしょう。実際に音程を弾いてみるとわかると思います。

どれも、決まったパターンがあり、丸暗記でも構いませんが、実際には、楽譜に起こしてみたり、響きを確認しながら鍵盤をたどってみたりしたほうが、わかりやすく、頭にも入りやすいかと思います。

完全系、長短系などの基本の音程を理解できたら、応用編として覚えてみると良いかもしれません。

さいごに

このように、様々な種類の「音程」というものが存在します。

全部の仕組みを理解するのには、時間がかかると思いますが、音程の種類の中でも、完全系と長短系が理解でき、音程が理解できるようになってくると、この先のコード理論や、音階も理解しやすくなるかと思います。

そして、楽譜を読み解いていくときにも、強みになってくるでしょう。実際に弾いてみたり、いくつも問題をこなしたり、書いたりしてみて、自分なりのコツをつかんでみてください。