ピアノの種類

ピアノ教室を選ぶ際のポイントと注意点

最近では自宅で気ままにピアノを練習できる便利な教材や動画配信などもありますが、最短で上達するにはやはりピアノ教室が1番です。

しかし、大人になってからピアノ教室に通いたいと思っても、どんな教室があって、どう選べばよいかわからないという人は多いでしょう。

そこで今回は、ピアノ教室を選ぶポイントや注意点をご紹介します

大人からでも初められる教室は増えていますので、ぜひ以下をチェックして自分に合う教室を見つけてみましょう!

ピアノ教室の種類は?大手教室か個人教室かを選ぼう

ピアノ教室と一口に言っても、一般的には大手教室か個人教室の2種類があります。

どちらにもメリット・デメリットがあるため、自分に合うと思うほうを選ぶのがおすすめですよ。

では、以下で各メリット・デメリットを見てみましょう

大手教室のメリット

  • 一定レベルの経歴を持つ先生がそろっている(初心者から中級者、上級者向けのレッスンが受けられるため、上達が目指せます。)
  • レベルに合わせたカリキュラムでレッスンが受けられる(上記の通り、レベルごとに適した先生やレッスンが提供されます。)
  • 退会する際は窓口があるため手続きに便利(先生に直接言わなくても、窓口の手続きで気を使わずに辞められることが多いです。)
  • 発表会などのイベントに参加可能(大手の場合は規模が大きいため、大ホールなどでの発表会が開催されることもあり、経験値を積めるのがポイントです。)

大手教室のデメリット

  • 個人より料金が高め(施設の維持費などの費用が加算されるため、レッスン料や入会金は高めです。)
  • 振替で先生が変わることがある(何人もの先生が曜日ごとに決まっていることもあります。また、振替不可な教室もあるため注意しましょう。)
  • 自分で先生を選べない場合も(体験レッスンで気に入った先生がいても、実際のレッスンでは叶わない場合があります。)
  • メーカー楽器や用品、グレード試験などの勧誘があるかも(大手企業関連の教室では、メーカー指定の教材や楽器が使われることもあり、独自のグレード試験を導入していることもあります。)

個人教室のメリット

  • 月謝が大手教室と比べて安価な場合もある(ただし、教材費やイベント会費などがかかることもあるため注意が必要です。)
  • レッスン日や時間の変更の融通が利きやすい(個人で行っているため、先生の都合が合えば希望の日にレッスンが受けられます。)
  • 弾きたい曲の希望を聞いてもらえることも多い(特定のカリキュラムではなく、曲の希望も叶えてくれる教室もあります。)

個人教室のデメリット

  • 教室によって先生の実力やレッスン料に差がある(先生の実力が教室のレベルになるため、見極めが必要です。また、レッスン料もまちまちとなります。)
  • 教室の規模や先生の考えによって発表会の有無が変わる(発表会は一般的にある程度の生徒の数が必要になります。また、行わないのが通例という教室もあります。)
  • 退会する際は先生に直接言うため、気を使う(辞める場合、面と向かって退会の意思を伝えることになります。)
  • 年齢制限を設けている教室もある(成人男性は不可という教室もあります。)

以上が大手教室と個人教室のメリット・デメリットです。

金額を重要視するなら個人教室が良いと思いがちですが、ある程度のクオリティやカリキュラムを求めるなら大手教室のほうがよいかもしれません。

一方で、同じ先生に長く教えてもらいたいなら個人教室のほうが親身になって教えてもらえることも多いです。

どのポイントを優先順位にするかで選び方が異なりますが、楽しく長く続けられると思う方を選びましょう

体験レッスンがあれば申し込もう

めぼしい教室がある場合でもいきなり申し込みせずに、体験レッスンがあれば申し込むのがおすすめです

申し込んでから「これは知らなかった」「こんな先生なら申し込まなかった」という後悔をしないためにも、教室の体験レッスンを受けましょう。

大手、個人関係なくほとんどの教室で体験教室では体験教室が開かれている場合が多いため、広告などに記載がなくても問い合わせてみるのがおすすめですよ。

体験レッスンのチェック項目

体験レッスンでは時間が短く内容も密なものではありませんが、実際のレッスンの様子がわかります。

チェックしたい項目としては、先生の話し方や生徒(自分)への接し方、アドバイスの内容がわかりやすいかをチェックすると良いでしょう。

また、教室のルールや振替について、弾きたい曲は教えてもらえるか、持参した譜面でのレッスンは可能か、発表会はあるかなど、具体的に聞いてみてください。

上達を目指す人にとって先生のキャリアはどれくらいか、何年くらい続けているかなども聞けると良いですね。

特にピアノ教室は1対1の個人レッスンになるため、先生との相性が重要。人間的に合うかどうか、話しやすいか、ユーモアがあって楽しいかどうかなども見極めましょう。

また、大人向けの教室を希望する場合、そもそも大人向けレッスン教室があるかどうか、大人の生徒がどれくらいいるかなども重要な項目の1つです。

体験レッスンは無料?有料?

体験レッスンは必ずしも無料ではありません。

教室によっては少額で体験が可能で、入会する際に体験レッスン料を入会金より差し引くという場合もあります。

本当に続けられる?通いやすいかも大事

先生の感じもよく、レッスン内容も自分に合っている教室を見つけても、通いづらいとなかなか続かないものです。

通いやすいかどうかは、教室の立地や交通機関、教室が開かれている時間、レッスン時間帯、曜日なども重要な項目となります。

以下で具体的に見てみましょう。

交通機関をチェック

特に大人でピアノ教室に通うとなると、仕事帰りやさまざまなスケジュールの合間を縫って通う必要が出てくるでしょう。

家から電車を乗り継いで行かなくてはならない場所にあったり、車で何十分もかけて通わなくてはならないとそれだけで時間を取られてしまいますよね。

教室の内容に合わせ、通いやすい場所にあるかも重要なチェックポイントになります。通うのが億劫にならない距離感や駐車場、駐輪場の立地も確認してみましょう

ライフスタイルに合わせて駅が近いか、幹線道路が近いかなどもチェックしてみてくださいね。

教室・レッスン時間帯・レッスン曜日をチェック

一般的な教室では、昼間から夕方ごろまでをレッスン時間として設けている場合が多いです。教室自体の受付時間も同じくらいでしょう。

しかし、大人向けの教室を開催している施設では、仕事終わりに通えるよう、夜にもレッスンが受けられる場合もあります。

とはいえ、遅くても夜8時〜10時ごろまでの教室が多く、それ以降の深夜は難しいでしょう。

また、個人教室ではあまり遅い時間にレッスン時間を設けていないため、夜に通いたいなら大手が有力候補となります。

曜日についても、教室によっては限られた曜日のみだけでレッスンを行う場合もあります。とはいえ、個人教室でも融通を利かせてくれる場合もあるため、問い合わせだけしてみるのもおすすめです。

ピアノ教室の探し方は?

そもそもどうやってピアノ教室を探せば良いかわからないという人は、まずはインターネットで探してみましょう。スマホでもパソコンでも良いため、”ピアノ教室”で検索するのがおすすめ。

最近ではだいたいの教室がネットに掲載されており、体験教室の有無や料金、指導歴などがわかります。

ただし、一部の個人教室は詳しく掲載していない場合もあるため、タウンページや地元の掲示板、タウン誌などをチェックするのも1つの方法です。

また、メーカー直営でない楽器店では地域のピアノ教室情報を教えてくれる場合もあるため、問い合わせてみるのも良いでしょう。

重要な項目を明確にしよう

大手教室では各レベルに合わせたレッスンで上達が目指せますが、個人教室でも先生によってはレベルアップに適しており、楽しく教えてもらえます。

ピアノのレベルを上げるのか、特定のジャンルを弾けるようになりたいのか、先生と楽しくレッスンがしたいのかなど、自分の中で重要な項目を明確にし、ぴったりのピアノ教室を見つけてみてくださいね。