コード進行

根音と構成音、スケールの成り立ち

コード=和音を学習していくうえで、覚えておきたいものの中に、「根音」と「構成音」というものがあります。

細かいコードにつては、また次項以降でお伝えしていくこととし、まずは、和音の基本から見ていくことにします

あわせて、長音階と短音階の所で見てきた「スケールの成り立ち」についても詳しく見ていきたいと思います。

「根音」と「構成音」

前述したように「コード」とは、「和音」のことを表します。

基本に戻りますが、「和音」とは、音程が違う2つ以上の音を同時にならす音です。この「和音」というものには、「根音」と「構成音」というものがあります。

「根音」とは、和音の基礎となる音のことを表します。転回してない純粋な和音の場合、譜面上の一番下になる音です。

例えば、Cの和音を例に挙げてみると、C=ドなので、三和音で考えると、「ド・ミ・ソ」になります。この時の根音は、一番下に来る「ド」の音になるというわけです。

「構成音」とは、和音を作る「根音」以外の音のことを表します。「根音」の説明の時に例に挙げたCの和音で説明すると、「根音」は「ド」だったため、残りの「ミ・ソ」が「構成音」にあたるというわけです。

基本となる「和音」と「構成音」の概念がわかったところで、少しだけ和音の種類についてみていきたいと思います。

「三和音」と「四和音」

先ほど、和音を作る「根音」と「構成音」については説明しましたが、「コード」を覚えていくうえで重要になってくる和音があります。それが、「三和音」と「四和音」です。

「三和音」とはどういったものかということから触れていきたいと思います。

「三和音」

「三和音」とは、根音から順番に、3度ずつ3つ音を重ねていったものです。根音から数えて3度上の音を「第3音」と呼び、根音から数えて5度上の音を「第5音」と呼びます。

第3音と第5音の組み合わせが、音程と度数の項目で解説したように、長音程、単音程、増音程、減音程などに変化することがあります。そうなった場合は、三和音の名前も変化し、「長三和音、「短三和音」、「増三和音」、「減三和音」となります。

これらの種類の特徴は、次回以降に記述する、コードの細かい種類の時に解説します。現時点では、三和音にも種類があるということを理解しておいてください。

それともう一つ。「三和音」の中には、「主要三和音」と呼ばれる、重要な役割を果たす三和音があります。これも次回以降に、詳しく解説する予定ですので、触りだけ少し書きたいと思います。

「主要三和音」

「主要三和音」とは、

  • 「トニック」
  • 「サブドミナント」
  • 「ドミナント」

と呼ばれる3つの三和音です。

それぞれ、1つの調における1度の三和音を「トニック」、4度の三和音を「サブドミナント」、5度の三和音を「ドミナント」と呼びます。「トニック」は「Ⅰ」で表わされ、「サブドミナントは「Ⅳ」で表わされ、「ドミナント」は「Ⅴ」で表わされます。

この3つを使い、Ⅰ→Ⅳ→Ⅴ→Ⅰと進行すれば、簡単に終止形ができます。

要するに、その調における、基礎の音が含まれている三和音なので「主要三和音」と呼ばれます。

名前と度数を覚えておくと、後々役に立つことかと思います。

「四和音」

次に、「四和音」はどういったものかということにも触れておきたいと思います。

「四和音」とは、根音から順に3度ずつ4つ音を重ねたものになります。つまり、先ほどまで書いた「三和音」にもう一つ3度上を重ねた和音が、「四和音」になります。

三和音と同じで、根音から数えて3度上の音を「第3音」と呼び、根音から数えて5度上の音を「第5音」と呼び、更に、根音から数えて7度上の音を「第7音」と呼びます。

基本的なことは、「三和音」と同じになりますが、「四和音」は、コードで表わすときには、セブンスコードと呼ばれ、重要な役割を担ってきます。これも次回以降の、コードの種類で解説していきたいと思います。

「三和音」と「四和音」の触りだけ書きました。このようなものがあるということを頭に入れておいて、コード理論に入っていけると、少し理解しやすくなるかと思うので、覚えてみてください。

スケールの成り立ち

次に、スケールの成り立ちについて、おさらいをしたいと思います。「長音階と短音階」の項でお伝えした通り、それぞれの調には、決まったパターンがあります。

  • 長音階(メジャースケール)は、根音から長・長・短・長・長・長・短(全・全・半・全・全・全・半)で構成されています。
  • 短音階(マイナースケール)は、根音から長・短・長・長・短・長・長(全・半・全・全・半・全・全)で構成されています。(自然短音階)

このパターンを用いて、基本のスケールを覚えましょう。

一度にすべて覚えるのは混乱するので、ここでは、派生音のついているものは除き、幹音のスケールのみを記載します。幹音のスケールが理解できたら、半音ずつ上げながら派生音のついている調にも挑戦してみてください。

今後コードに入りやすくするために、今回は英音名で記載します。

◆メジャー(長調)

◆マイナー(短調)

実際に弾いてみると、響きが変わらないので、覚えやすいかと思います。コツをつかんでスケールがマスターできるように、パターンを覚えてしまいましょう。

「同主調」と「平行調」

スケールを覚えていくと、「同主調」、「平行調」という言葉を耳にすることがあるかもしれません。これも、コード理論に入る前の予備知識として、少し覚えておくと便利です。

「同主調」とは、読んで字のごとく、そのまま、同じ主音を持つ調です。例えば、ハ長調の同主調は、ハ短調です、イ短調の同主調は、イ長調です。このように、音名は変わらず、長長と短調が変わる調を、同主調と呼びます。

「同主調」と比べると、重要度が高くなるのが「平行調」です。

「平行調」は、スケールの中で使う構成音が全く同じ調のことを言います。

長調の主音から、短3度下げた音を主音とする短調が、長調の平行調になります。逆に、短調の主音から、短3度上げた音を主音とする長調が、短調の平行調になります。

例えば、ハ長調の場合、ハの音から短3度下げると、イの音になるので、イ短調が平行調になります。ホ短調の場合、ホの音から短3度上げると、トの音になるので、ト短調が平行調になります。

スケールの中で使う構成音が全く同じということは、調号が同じ長調と短調になります。ここが大事なポイントになってくるので、覚えておきましょう。

いよいよつぎからは、コードの種類に入っていきます。

その前の導入として、「根音」と「構成音」、スケールの成り立ちをおぼえていけるとよいですね。