初心者向け

初心者必見!ピアノの選び方!

初心者必見!ピアノの選び方!

ピアノの練習を始めるにあたり、まずは楽器を手にする、触れてみることが第一条件となってくるでしょう。

しかしながら、ピアノと一言で言っても、種類も豊富でありますし、今からピアノを始めようとお思いの方には何から手を付ければよいのかわからないことも多いと思います。

そこで、ピアノを選ぶ時の参考になればと思い、ポイントをあげてみます。

ピアノの種類と比較

ピアノの種類と比較
「ピアノ」と聞くと、体育館や音楽室にあるようなグランドピアノ、又は、音楽室や音楽教室にあるようなアップライトピアノを思い出される方がほとんどでしょう。グランドピアノ、アップライトピアノは、総称してアコースティックピアノと呼ばれます。

このアコースティックピアノだけが「ピアノ」ではありません。そして、元来、「ピアノ」と言うと、グランドピアノのことを指すそうです。しかし、厳密に言うと、アコースティックピアノだけが鍵盤楽器ではありません。鍵盤楽器というと、もっと更に楽器の種類が増えてしまいますので、ここでは、ピアノの練習を始める、「ピアノ」ということに特化したうえで紹介したいと思います。

ピアノの練習を始めるにあたって、有益になってくる鍵盤楽器は、先に述べたようにグランドピアノ、アップライトピアノがあります。その他に、電子ピアノ、電子キーボードがあります。それぞれの特徴を次にあげてみたいと思います。

グランドピアノ

グランドピアノ
グランドピアノは、ハンマーで弦をたたくことで音が鳴る構造です。タッチの違いやダイナミクスをより豊かに表現することができ、本来のピアノの音色を奏でることができます。コンサートホールでの演奏や、音大受験、プロの演奏などに使用されることがほとんどです。

家庭用には不向きですが、近頃ではコンパクトタイプのものも発売されており、気軽にグランドピアノに触れることができます。また消音ユニットを使用することで、騒音問題や練習時間の制限問題も解消されます。

価格は、100万~200万くらいで大きさやメーカーによって差があります。国内メーカー、海外メーカー様々あり、豊富です。維持費としては、メンテナンスのために、年一回程度の調律が必要になってきます。調律の価格は約1万~。

その他にお手入れキットや、除湿剤、破損した部分にはメンテナンス代が必要になってきます。重さは、約300~350㎏で、約3畳分相当の設置場所を要します。重さと大きさに耐えられる設置場所が必要になってきます。

アップライトピアノ

アップライトピアノ
アップライトピアノは、グランドピアノと同様に、ハンマーで弦をたたくことで音が鳴る構造ですが、弦を縦に張ることで省スペースを叶え、グランドピアノに手が出せない、そこまでは必要ない、設置場所に問題があるなどの要望に応えられる形になっています。グランドピアノと比べると、連打が滑らかにいかない、タッチの違いの表現性など劣る部分はあるものの、家庭用としては十分な本格性があります。

やはり、ハンマーで弦をたたくので、響きは豊かであり、タッチの差でしっかり表現することが可能です。広く家庭用ピアノとして昔から一番選ばれています。また、こちらもグランドピアノと同様、現在では、消音ユニットを使用することで、騒音問題や練習時間の制限問題も解消されます。

価格は、40万~くらいで、メーカーが豊富で種類や、見た目のこだわりも様々です。生産数や中古品の球数も多いです。維持費としては、メンテナンスのために、こちらもグランドピアノと同様、年一回程度の調律が必要になってきます。調律の価格は約1万~。その他にお手入れキットや、除湿剤、破損した部分にはメンテナンス代が必要になってきます。重さは約200~300㎏、約1.5畳相当の設置場所を要します。重さに耐えられる設置場所が必要になってきます。

電子ピアノ

電子ピアノ
電子ピアノは、アコースティックピアノのようなハンマーや弦はなく、ピアノの音を再現する電子回路に電子音が組み込まれています。一言で言うと、電化製品です。鍵盤をたたくことで、電子回路が反応し音が鳴るという構造です。生のピアノの音を録音して再生しているのものあります。

音量の調整が可能で、ヘッドホンも使用できるため時間帯や環境を気にすることなく練習することができます。デザインがスマートなものも多く、付加機能もたくさんついています。付加機能の例を挙げるなら、メトロノーム機能がついている、録音ができる、アプリと連動して演奏できるなど様々な機能があります。

価格は、3万~10万くらいで、アコースティックピアノに比べるとかなり手にしやすい価格になります。種類や機能も豊富です。維持費としては、何もありません。メンテナンスが必要ありません。購入してしまえば後は家電製品と同じで、壊れた時に修理するのに代金がかかります。重さは約40~80㎏、約1畳分相当の設置場所を要します。省スペースに設置することができます。

電子キーボード

電子キーボード
電子キーボードは、アコースティックピアノのようなハンマーや弦はなく、電子ピアノのように電子回路に電子音が組み込まれています。こちらも一言でいえば電化製品です。様々な音が収録されており、電子ピアノのようにピアノ音をメインにしたものではありません。アコースティックピアノや電子ピアノのように鍵盤数が定番の88鍵でないものもあります。

鍵盤のタッチもかなりライトです。ピアノの音でソロ演奏には向いておらず、どちらかというと他の機器とつなげたり、セッションを楽しんだり、様々な音色で、様々なアレンジをし楽しむような楽器です。付加機能も豊富です。こちらも、音量の調整が可能で、ヘッドホンも使用できるため時間帯や環境を気にすることなく、練習することができます。

価格は1万~手にすることができ、付加機能が増えれば価格も上がります。しかしながら、上記の3つの楽器に比べればかなりお手ごろな価格で手に入ります。維持費としては、何もありません。メンテナンスが必要ありません。購入してしまえば、後は家電製品と同じで、壊れた時に修理するのに代金がかかります。

ほかに何かとつなげたりする場合は、別途その機器に対しての費用は掛かってきます。重さは約5㎏ほどです。キーボード単体の場合は、もう少し軽くなるでしょう。足台などを加えての重さです。約0.5畳分相当の設置場所で済み、持ち運ぶことも可能なので、自宅以外で使用したい場合には、非常に便利になってきます。

何を基準に選べばよいのか?

何を基準に選べばよいのか?
ここまで、ピアノの種類と比較を書きましたが、実際選ぶ際に何を基準に選べばよいのか?と考えてしまうと思います。目的を考え、そこからライフスタイルやこだわりを考えてみましょう。明確になってきたら、現実的な価格設置場所を考えてみるのが良いと思います。

まず目的から考えてみましょう。レッスンで使いたい、趣味で弾きたい、ステージで弾いてみたい、生のピアノで弾きたい、とにかくピアノ曲を弾きたいなど、様々な目的があります。この目的の段階で、自分が弾きたいピアノの種類を理想として持ってみてください。

目的が見えてきたら、今のライフスタイルを見つめてみてください。練習にとれる時間はどのくらいで、時間帯はいつ頃になるか?楽譜と向き合う時間はあるか?レッスンに通うことはできるか?独学でやってみたいのか?などです。ここでは、目的とライフスタイルを照らし合わせて、向いていそうな楽器を選んでみてください。

そこからは、現実的な面に目を向けて、自分に合った楽器を選んでみましょう。選ぶ際には、実際に何度も試しに弾いてみたり、触ってみたりして、納得のいく相棒を見つけられるまで、妥協せず吟味し、素敵な1台に出会えるといいなと思います。