コード進行

ダイアトニックコードとは?

コードを学習していくうえで必要になってくる様々なコードの種類、メジャーコード、マイナーコード、セブンスコード、sus4(サスフォー)、dim(ディミニッシュ)、aug(オーギュメント)を少し理解でき、コードに必要な要素の一つ、「主要三和音」(「トニック」、「ドミナント」、「サブドミナント」)を学習してきました。

さらにここでは、新しい用語が出てきます。「ダイアトニックコード」というものを、解説していきます

「コード進行」の基礎にもなってくる「ダイアトニックコード」。押さえておくと、「コード進行」も容易に扱えるようになってくるかと思います。

「ダイアトニックスケール」とは?

「ダイアトニックコード」とは、簡単に言うと「ダイアトニックスケール」の中の音で構成されているコードのことを指します。では、「ダイアトニックスケール」とは一体何でしょうか?

「ダイアトニックコード」の学習に入る前に、「ダイアトニックスケール」を理解しておかないと、話が進めにくくなってしまうので、ここでは、少し復習もかねて、「ダイアトニックスケール」について解説していきたいと思います。

「長音階と短音階~メジャースケールとマイナースケール~」の項で少しお伝えしましたが、「ダイアトニックスケール」とは、メジャースケールにおいて、C、C#、D、D#、E、F、F#、G、G#、A、A#、Bの12種類のスケールのことを表します。

全音階なので、全・全・半・全・全・全・半(長・長・短・長・長・長・短)という規則的な形になります。

「ダイアトニックスケール」とは、単純に全音階のことを表します

「ダイアトニックコード」とは?

「ダイアトニックスケール」の復習ができ、理解したうえで、「ダイアトニックコード」の解説に入っていきたいと思います。

「ダイアトニックコード」とは、前述した通り、「ダイアトニックスケール」の中の音で構成されているコードのことを表します。

コードとしては、メジャーコード、マイナーコード、セブンスコード、どのコードのことも含みます。1+3+5度の三和音と、1+3+5+7度の四和音、どちらも含むということです。

「ダイアトニックコード」は、そのキー(調)のスケールの中にある音全部に存在していて、「ダイアトニックスケール」の中の音だけで作られているコードなので、コードの種類はバラバラになります。

1つのメジャースケールには、7つの構成音から成り立っているので(例えば、Cのメジャースケールの場合は、構成音がC、D、E、F、G、A、Bの7音)、7音の中の何番目の音化で、メジャーコードなのか、マイナーコードなのか決まってきます。

つまり、ダイアトニックコードは、メジャースケールをコードに置き換えたものになります。

以上が「ダイアトニックコード」の解説になります。言葉では、非常に分かりにくいので、次は実際のコードの一覧を、ハ調(C)を例に挙げて記載していきたいと思います

「ダイアトニックコード」三和音編

ハ長調(C)におけるダイアトニックコードを紹介します。

「ダイアトニックコード」四和音編(セブンスコード)

ハ長調(C)における、セブンスコードのダイアトニックコードを紹介します。

「ダイアトニックコード」の基本

「ダイアトニックコード」は、上記の表一覧に記載した通り、コード名が、メジャーコード、マイナーコードなど様々な種類が混ざってきます。

「ダイアトニックスケール」の構成音の中の音から構成されているのが「ダイアトニックコード」になるので、そもそも幹音だけで構成されているので、派生音が付いてくることがありません。ですので、派生音のついてない音だけを組み合わせているので、様々な種類のコードから成り立つという結果になります。

上記の表一覧には、ハ長調(C)における「ダイアトニックコード」として記載してありますが、先ほどの派生音のついていない音だけを組み合わせるという法則にのっとって考えると、どの調になっても構成されるコードは、上記表一覧のコードと全く同じものになってくるということです。調によって、主音が変わってくるので、スタートする音が変わるだけで全く同じです。

つまり、「ダイアトニックコード」とは、C、Dm、Em、F、G、Am、Bm-5と、セブンスコードのC7、Dm7、Em7、F7、G7、Am7、Bm7(♭5)の計14種類で確定ということになります。

ちなみに、前回の「トニック」、「ドミナント」、「サブドミナント」の項ででてきた、「主要三和音」というものを覚えておられますでしょうか?

「主要三和音」は、そのまま1度の「トニック」、4度の「サブドミナント」、5度の「ドミナント」のことでしたが、「ダイアトニックコード」の表一覧から見てもわかるように、ハ長調の場合は、メジャーコードになっております。ですので、「主要三和音」は、イコール「ダイアトニックコード」であるということが言えます。併せて覚えておくと、コード進行の時に役立ってくることになるかと思います。

「ダイアトニックコード」の役割

ここまでで、言葉の意味としては、なんとなく「ダイアトニックコード」のことを理解できたことかと思います。しかし、実際に「ダイアトニックコード」には、どんな役割があり、なぜ重要になってくるかということが、なかなか見えてきていませんね。少しご紹介します。

とりあえず、「ダイアトニックコード」だけで、コード進行は成り立ちます。おしゃれに仕上げたい、色をもっと付けたい、変化を付けたいなど、コード進行の応用として、「ダイアトニックコード」以外を使っていくという感じです。ひとまず、「ダイアトニックコード」を使えば、楽曲は完成するといったところです。

さらに「ダイアトニックコード」の中には、「トニック」、「ドミナント」、「サブドミナント」も入っているので、終止形にも対応できます。

「トニック」、「サブドミナント」、「ドミナント」の項で記述しましたが、主要三和音である「トニック」、「ドミナント」、「サブドミナント」を理解できれば、単調ではある物の楽曲に伴奏を付けたりできると言いましたが、「ダイアトニックコード」をつかえば、主要三和音だけの伴奏付けよりも、少し変化が付いてくるのです。

「コード進行」については、また次回以降の項で解説していきたいと思いますが、「ダイアトニックコード」を扱えれば、ひとまず、「コード進行」や伴奏付けもクリアできることでしょう。ややこしい解説が多かったのですが、こちらもまた鍵盤をたどりながら、または、楽譜に起こしながら覚えていくことをお勧めします。