コード進行

コードの種類③ その他の種類のコード

<コードの種類①>で「メジャーコード」と「マイナーコード」を、<コードの種類②>で「セブンスコード」を学習しました。基本的なコード、少し応用の利いたコードを理解したところで、新たなコードを紹介していきたいと思います。

コードには、たくさんの種類があり、紹介しきれないのですが、今回は、比較的使われることの多いコードを中心に取り上げていきたいと思います

sus4(サスフォー)

sus4(サスフォー)は、suspended 4th chord(サスペンディッド フォース コード)の略で、メジャーコードの第3音を半音上げた三和音のことを表します。

根音+第3音の関係が、完全4度になり、根音+第5音が完全5度になっている和音です。

メジャーコードのCは、「ド・ミ・ソ」ですが、これをsus4にすると、「ド・ファ・ソ」になります。

表記の仕方は、「Csus4」となり、コードネームの大文字のアルファベットの後ろに「sus4」を付け加える形になります。

上記の法則に基づいて「G」のコードで解説すると、G=「ソ・シ・レ」ですが、sus4に置き換えると、Gsus4=「ソ・ド・レ」になるというわけです。

ここで注意しておきたいことがあります。

sus4のコードは、メジャーコードの場合のみ適応するということです。

ここまでのコードのことを理解していれば、理由は簡単なのですが、前述した通り、sus4は、根音+第3音が完全4度にならなければなりません。

メジャーコードの場合は、第3音を半音上げることで根音+第3音が完全4度になりますが、マイナーコードの場合、第3音を半音上げても根音+第3音が完全4度にはならず、長3度もしくは、減4度になってしまうからです。

根音+第3音が長3度、根音+第5音が完全5度の和音は長三和音、すなわち、ただのメジャーコードになってしまいます。

ですので、sus4は、マイナーコードには適応せず、メジャーコードの場合のみ適応する、いわゆるメジャー系のコードになるというわけです。

sus4のイメージとしては、少し不協和音のように聞こえてしまう方も中には見えるかもしれませんが、隣同士の音がぶつかっているとはいえ、全音の隣同士なので、少し宙ぶらりんな感じのする、微妙な浮遊感さえ漂う、おしゃれな和音を響かせます。

この和音を単独で使ったり、終止形として用いられたりすることはほとんどなく、曲の中に部分的に使うことで、効果的な役割を果たします。sus4の後、普通のメジャーコードに進めば、音の引っ掛かりが解決し、すっきりした和音進行になります。

サブドミナント、属7の和音的な役割を果たし、ジャズなどに使われることがポピュラーです。古典音楽や、クラッシク音楽の中では、禁じ手として扱われていたような時代背景もあったりするので、登場回数は少ないかと思います。

dim(ディミニッシュ)

dim(ディミニッシュ)は、diminish chord(ディミニッシュ コード)の略で、短3度のみを重ねる和音のことを表します。根音から規則的に短3度を順に積み重ねていき、単純に構成音の音と音の間に、2音ずつ半音が入る形になります。

三和音なら、短3度の積み重ねが3つ入り、四和音なら、短3度の積み重ねが4つ入ります。ちなみに、三和音は、日本名で言うと「減三和音」のことを表します。

メジャーコードのCは、「ド・ミ・ソ」ですが、これをdimにすると、「ド・ミ♭・ソ♭」になります。根音から数えて、短3度+減5度でできあがります。

表記の仕方は、「dim」となり、コードネームの大文字のアルファベットの後ろに「dim」を付け加える形になります。

上記の法則に基づいて「G」のコードで解説すると、G=「ソ・シ・レ」ですが、dimに置き換えると、Gdim=「ソ・シ♭・レ♭」になるというわけです。

セブンスコードも対応でき、重要になってきます。メジャーコードのC7は、「ド・ミ・ソ・シ♭」ですが、これをdimにすると、「ド・ミ♭・ソ♭・シ♭」になります。根音から数えて、短3度+減5度+重減7度でできあがります。

セブンスコードの場合の表記の仕方は、「dim7」となり、コードネームの大文字のアルファベットの後ろに「dim7」を付け加える形になります。

ここで注意しておきたいのが、「dim7」です。

短3度が順番に積み重なっているので、異名同音が発生します。同じ音程で名前が違うだけなので、構成音が全く一緒になります。転回しても、構成音が全く一緒なので同じ響きの四和音ができあがります。

ですので、実は、「dim7」は、3種類のパターンしかありません

  • Cdim7 D#dim7 F#dim7 Adim7
  • C#dim7 Edim7 Gdim7 A#dim7
  • Ddim7 Fdim7 G#dim7 Bdim7

これら上記の①②③の3種類しかありません。このパターンに関しては、覚えてしまったほうが楽かもしれません。

またこのパターンに関しては、楽譜上に起こすとややこしくなりがちなので、鍵盤上でどの鍵盤を抑えるのか確認してみると、言葉で書くより簡単に覚えられるかと思います。

dimは、響きとしては、不安定な響きになり、怪しい感じがする、少し厳かな感じがする、何とも言えない、不協和音のようで不協和音でない和音です。

言葉では、非常に言い表しにくいので、一度鍵盤を抑えて、ご自身の耳で確かめてみてください

言葉で表すなら、「不安定な響き」が一番しっくりくると思います。不安定な響きなので、単独の和音として活躍するコードではありません。

和音進行の途中に入ることで、効果的であり、dimコードから、安定したメジャーコードなどに進むと、しっかりまとまり、解決することができます。

aug(オーギュメント)

aug(オーギュメント)は、augmented triad chord(オーグメンティッド トライアド コード)の略で、一言で言うと日本名で言う「増三和音」のことを表します。

ここで一つ補足すると、英語的な発音は、「オーグメント」なのですが、日本的な発音では「オーギュメント」となるので、一般的な日本での通名は「オーギュメント」となります。

そして、前述した通りaugは「増三和音」なので、根音+第3音+第5音の関係が、根音+長3度+増5度になります。つまり、メジャーコード(長3和音)の第5音を半音上げた和音になります。

メジャーコードのCは、「ド・ミ・ソ」ですが、これをaugにすると、「ド・ミ・ソ#」になります。

表記の仕方は、「aug」となり、コードネームの大文字のアルファベットの後ろに「aug」を付け加える形になります。

上記の法則に基づいて「G」のコードで解説すると、G=「ソ・シ・レ」ですが、augに置き換えると、Gaug=「ソ・シ・レ#」になるというわけです。

Augは響きがぶつかってくるので、不協和音として扱われます。しかし、それが禁止ということではないので、こちらも効果的に使うことが良い音楽づくりの一つになってきます。

例えば、同じ和音が続いていると、曲調が単調になってしまい、幼稚な感じのする、簡単に聞こえる音楽になります。しかし、その和音の1つをを同じaugに代えれば、単調さはなくなり、変化をもたらしてくれることになります。

少し扱いにくいコードではありますが、使いこなせることで、おしゃれな響きが混ざりよりよくなることでしょう。ジャズなどで使われることがポピュラーです。

今回紹介したコードは、たくさん種類のあるコードの中の1部です。

全部を覚えきるのは、なかなか至難の業ですが、鍵盤を一つずつたどってみたり、法則を覚えてみたりして、実際に試し、弾いてみて、学習していきましょう。