コード進行

コードの種類② 複雑なコード

<コードの種類①>で「メジャーコード」と「マイナーコード」を学習しました。

基本的なコードを理解したところで、もう一つ複雑なコードを紹介していきたいと思います。

三和音である、「メジャーコード」と「マイナーコード」を少し複雑にし、1つ音を増やして、四和音にすることで応用の広がるコード、今までよりも複雑なコード、ここでは、「セブンスコード」について学習していきたいと思います。

基本コードのおさらい

基本のコードには、「メジャーコード」と「マイナーコード」の2種類があります。

「メジャーコード」は、長3度+短3度の「長三和音」のことで、根音+第3音+第5音で構成されています。大文字のアルファベットで表記されます。

「マイナーコード」は、短3度+長3度の「短三和音」のことで、根音+第3音+第5音で構成されています大文字のアルファベットと、その後ろにアルファベットの小文字の「m」をつけて表記されます。

この2種類のコードを確実に抑えておくことを前提とし、話を進めていきたいと思います。

セブンスコード

「メジャーコード」、「マイナーコード」の他に、使用頻度がかなり高いコードがあります。それは、「セブンスコード」と呼ばれるコードです。

「セブンスコード」とは、日本名では、「七の和音」と呼ばれ、その中でも代表的なものが「属七の和音」です。属七の和音につきましては、また次項以降に解説することとします。

それでは、具体的に、「セブンスコード」とは、いったいどんなものか解説していきたいと思います

「メジャーコード」と「マイナーコード」は、両者とも、根音+第3音+第5音で構成されていると前述いたしました。それに+第7音を加えたものが「七の和音」、いわゆる、「セブンスコード」になります。

「メジャーコード」と「マイナーコード」が三和音だったのに対して、「セブンスコード」は、第7音が1つ加わりますので、四和音になります。つまり、根音+第3音+第5音+第7音で構成される四和音が「セブンスコード」です。

「セブンスコード」の特徴としては、三和音で単純になりがちな「メジャーコード」や「マイナーコード」に比べ、四和音になったことで音の厚みも出て、響きもより豊かに、更に複雑になるので、言い表しにくいのですが、音に広がりを感じるような和音です。

ぱっと聞いた感じは、おしゃれな音、少し、かっこよくなったなと感じる方が多いのではないでしょうか。

そして、曲のアレンジや、作曲といった視点から見ましても、「セブンスコード」は重要な役割を果たします

曲のアレンジをする際には、先ほど述べましたように、おしゃれなアレンジや変化を付けるにはもってこいの和音なので、応用が利き、単調な曲ではなくなります。音楽理論上で、基本的な作曲をする際には、終止形の所で必須になってくる和音です。

「セブンスコード」は、数字の「7」を使って表記されます。

「メジャーコード」はアルファベットの大文字を使って表記されると前述しました。そのアルファベットの後ろに大文字の「M」と「7」を加えます。例えば「C」のセブンスコードなら、「CM7」となり、「シーメジャーセブン」と読まれます。

ここで注意が必要になってくることは、大文字の「M」です。

単なるメジャーコードの時は、大文字の「M」を省略し、英音名のアルファベットを大文字で表記すればよかったのですが、セブンスコードになると、メジャーの時は、大文字の「M」を加えなければいけません。忘れないようにしましょう。

ちなみに、英音名のアルファベットの後ろに、「7」だけを加える、「セブンス(ドミナントセブンス)」というものもあります。併せて覚えて、間違えないように気を付けましょう。

「マイナーコード」は、アルファベットの大文字の後に小文字の「m」を加えて表記すると前述しました。その「m」の後ろに「7」を加えます。例えば、「Cm」のセブンスコードなら、「Cm7」となり、「シーマイナーセブン」と読まれます。

いずれの場合も、「7」は控えめに小さく書かれています。パソコン環境の都合上、大きめの「7」になってしまっているのでご了承ください。

これが、「セブンスコード」の概要になります。「セブンスコード」には、さらに種類があります。そのあたりを次は見ていきましょう。

セブンスコードの種類

一言で「セブンスコード」といっても、種類がいくつかあります。ここでは、いくつかの「セブンスコード」を分類して解説していきたいと思います。

「メジャーセブンス」、「マイナーセブンス」、「セブンス(ドミナントセブンス)」、「マイナーメジャーセブンス」の4つに触れていきたいと思います。4つとも、微妙な違いなので、基本形をしっかり覚え、判別できるように頑張りましょう。

「メジャーセブンス」

メジャーセブンスは、「メジャーコード」のセブンスコードです。

メジャーコードに、+長3度を加え、根音と第7音が長7度になる四和音です。

「C」の場合の表記は、「CM7」または、「Cmajor7」になります。

「マイナーセブンス」

マイナーセブンスは、「マイナーコード」のセブンスコードです。

マイナーコードに、+短3度を加え、根音と第7音が短7度になる四和音です。

「C」の場合の表記は、「Cm7」になります。

「セブンス」

セブンスは、ドミナントセブンのことを表し、メジャーセブンスと同様、「メジャーコード」のセブンスコードです。

メジャーコードに、+短3度を加え、根音と第7音が短7度になる和音です。

「C」の場合の表記は、「C7」になります。

「マイナーメジャーセブンス」

マインーメジャーセブンスは、マイナーセブンスと同様、「マイナーコード」のセブンスです。

マイナーコードに、+長7度を加え、根音と第7音が長7度になる四和音です。

「C」の場合の表記は、「C△7」になり、複雑です。単独で使われることは、ほとんどない四和音です。ジャズなどで使用することがあります。

まだほかにもあるのですが、特に上から3つの種類はしっかり覚えておきましょう。

実際のセブンスコード

実際にセブンスコードを一覧にします。前述した複数種類のセブンスコードの中から、「メジャーセブンス」と「マイナーセブンス」と「(ドミナント)セブンス」を取り上げてみたいと思います。

「メジャーセブンス」一覧

  • CM7:ド・ミ・ソ・シ
  • DM7:レ・ファ♯・ラ・ド♯
  • EM7:ミ・ソ♯シ・レ♯
  • FM7:ファ・ラ・ド・ミ♯
  • GM7:ソ・シ・レ・ファ♯
  • AM7:ラ・ド♯・ミ・ソ♯
  • BM7:シ・レ♯・ファ♯・ラ♯

「マイナーセブンス」一覧

  • Cm7:ド・ミ♭・ソ・シ♭
  • Dm7:レ・ファ・ラ・ド
  • Em7:ミ・ソ・シ・レ
  • Fm7:ファ・ラ♭・ド・ミ♭
  • Gm7:ソ・シ♭・レ・ファ
  • Am7:ラ・ド・ミ・ソ
  • Bm7:シ・レ・ファ♯・ラ

「(ドミナント)セブンス」一覧

  • C7:ド・ミ・ソ・シ♭
  • D7:レ・ファ♯・ラ・ド
  • E7:ミ・ソ♯・シ・レ
  • F7:ファ・ラ・ド・ミ♭
  • G7:ソ・シ・レ・ファ
  • A7:ラ・ド♯・ミ・ソ
  • B7:シ・レ♯・ファ♯・ラ

譜面場や鍵盤上ではなく、言葉で書いているので非常にややこしいのですが、これも決まった形さえ覚えてしまえば、応用は効きます。♯や♭などの派生音がついいるコードでも法則にのっとって数えれば、すぐに理解できるはずです。

特に、一覧にしたセブンスコードは、使用頻度、搭乗頻度が高いので、マスターして、音楽の幅が広がると良いかと思います。