初心者向け

ピアノの防音対策まとめ

「近所に音が迷惑になっていないか」と考えながらピアノを弾く人は少なくないと思います。

弾くことに集中できなかったり、思いっきり音を出せなかったりして悩みますよね。

防音室で弾くのが一番ですが、費用や時間もかかりますし、賃貸物件でのリフォームはほぼ不可能でしょう。

そこで今回は、ピアノの防音対策についてをまとめました。

どんな家庭でも手軽にできるものを中心に、さまざまな方法を紹介しますので、ぜひ参考にしてお役立てください。

ピアノの防音対策はいますぐ始めよう!

ピアノは音楽を奏でる楽器ですが、聞く人によっては音楽ではなく雑音に聞こえることもあります。

たとえピアニストによる演奏でも、生活を乱される雑音として受け止められることもあるのです。

雑音は些細なことと思われがちですが、徐々にストレスがたまり、トラブルに発展する可能性も

苦情を受けてから防音対策をしても、気を遣いながらの気まずい生活となってしまうでしょう。そうなる前に、ぜひ防音対策をしておくことをおすすめします。

ピアノの音がうるさい理由

上記で触れたように、ピアノの音は人によっては雑音に聞こえるもの。一度気になると耳から離れなくなり、ストレスを感じるようになります。

音楽が流れているだけでなぜうるさいのだろうと思う人もいるかもしれませんね。

しかし、ピアノの音は実はいわゆる音色だけではありません。わずかではありますが、鍵盤を叩く音やペダルを踏む音が響いてしまいます

このような音は個体音と呼ばれ、いわゆる音色は空気音と呼ばれます。

これらの音は床や壁から伝わり、間近で聴く音とはちがい、雑音に感じてしまうことも。つまり、カタカタとなる打鍵音にピアノの音色がまざり、耳障りに感じることもあるのです。

打鍵音がうるさい!苦情になりやすい音と防音対策

実はピアノの音色よりも、鍵盤を叩く音やペダルを踏む音のほうがうるさく感じることが多いようです。特に集合住宅などでは下階の人からクレームを受けたという事例がいくつもあります。

打鍵音やペダル音は、グランドピアノ、アップライトピアノ、電子ピアノ、どのタイプのピアノでもクレーム対象となりうる騒音です。

電子ピアノでヘッドホンをしていると打鍵音やペダルの音を感じにくいため、弾いている本人は気にならないかもしれませんが、周囲にはかなり響いていますよ。

このような打鍵音やペダル音の防音対策におすすめの方法は、床にカーペットやマットを敷くこと

打鍵音やペダル音は振動として床から建物に伝わり、騒音となります。そのため、振動を伝えにくくするために、ピアノと床の間にカーペットやマットなどを使用するのが有効です。

防振・防音マットなどを使えば更に防音効果が期待できるのがポイント。費用をかけたくない場合はカーペットやマットを二重、三重にして防音対策をしましょう。

1階でも床の防音対策が必要

特にグランドピアノの場合は打鍵音が大きくなり、音が響きやすくなります。床に伝わった音(振動)は壁を伝い、隣接する部屋などに伝わる可能性があります。

そのため、集合住宅で1階に住んでいるとしても、防音対策は必要です。

グランドピアノの場合はカーペットだけでは不十分なことも。10mm〜50mm厚くらいの防振マット、防振ベースなどを使うなど、十分に対策をしておきましょう。

ゴム製のインシュレーターも有効ですよ。

窓の防音対策も必須

ピアノの防音対策をしっかりとするなら、窓の対策は必須です

窓は住宅の構造上、防音対策が難しいとされていますが、市販の防音グッズでも対策が可能。

例えば防音カーテンなら手軽につけられ、防音に役立ちますよ。

防音カーテンを使う場合は、窓枠より大きいタイプを選ぶのがおすすめ。遮音層が多く重量があり、ドレープがついていないもののほうが隙間ができにくいため、選ぶ際はぜひ参考にしてみてくださいね。

また、レースのカーテンは外し、2枚の防音カーテンをつける、窓ガラスにピタッと付けずに空気層を作るのもかなり有効です。

防音ボードという窓枠にはめるボードも売られています。防音ボードなら防音カーテンよりも防音性が高いと言われていますが、オーダー制を取っている商品が多く、価格は高めです。

反響音も軽減できる!壁の防音対策

隣の部屋に音が伝わるのをなんとかしたいという場合、床や窓だけでなく、壁の防音対策も必要です。

壁全面に防音ボードを設置するのはかなり費用がかかりますし、大掛かりですよね。しかし、一部のみでも防音対策が可能

例えばアップライトピアノの場合は、背面から音が伝わるため、背面と壁の間に防音パネルや吸音ボードをはさみましょう。電子ピアノでも同じ対策で防音できますよ。

パネルなどを用意できない場合は、毛布や布団などを挟むのも有効的。使わない毛布、布団を使って音の響きや振動を和らげましょう。

少し音がこもってしまうというデメリットはありますが、防音性は増します。

しかし、グランドピアノの場合は壁全体を防音しなくては音が伝わる可能性が高いです。ワンタッチで取り付けられる防音壁も売られているため、チェックしてみてくださいね。

ピアノの設置場所を工夫しよう

ここまで床、窓、壁の防音対策を紹介してきましたが、「さらに防音効果を高めたい」「もっと手軽に防音対策をしたい」という人は、ピアノの設置場所を工夫してみましょう。

和室がある家庭なら、畳の上にピアノを設置するのもおすすめ。フローリングと違い、畳は音を吸収する効果があるため、多少の防音対策になります。

また、音の伝わりが気になる場所への設置を避けることも有効。具体的には、隣の家に近い部屋の設置を避けたり、集合住宅なら壁ぎわではなく室内の中央や間仕切りの壁面に設置するのも良いでしょう。

また、上階に住んでいる場合は、下階にどんな部屋があるのかによって設置場所を変えるのもおすすめ。

例えばリビングなどの滞在時間が長いと思われる部屋の真上には設置しないほうが良いでしょう。

最低限の防音対策はコレ!

さまざまな防音対策がありますが、併用して行うことで防音効果を高められます。

しかし、なによりも大切なことはピアノを弾く際のマナーです。紹介した防音対策以前に、まずは窓やドアを閉めること、早朝や深夜などの時間帯には弾かないといった最低限の防音対策をしましょう。

また、近所の人への心遣いも大切です。わざわざ玄関まで行って挨拶するのはかえって迷惑になることもあるため、見かけたときに「いつもうるさくしてすみません」などと迷惑をかけていることへのお詫びの気持ちを示しましょう。

普段から挨拶をするなど、付き合いを大切にすると相手のストレスも軽減するようですよ。

また、そのような付き合いの中で相手の家庭で受験生がいる、ご病気の人がいるなどの情報も伝わってくるかもしれません。するとそれに対した防音対策ができるようになりますよね。

防音対策して気持ちよくピアノを弾こう!

ピアノの防音対策は、床に響く打鍵音やペダル音、窓や壁に伝わるピアノの音、それぞれの対策をすることが大切です。

手軽にできるのはカーペットやマットを敷いたり、防音カーテンなどを設置すること。可能であれば厚手で機能が高いものを選んでくださいね。

また、窓やドアをしめ、弾く時間帯に気をつけましょう。近所の方への挨拶を通してトラブルを防ぐことも重要です。

以上のことをふまえて防音対策をし、気持ちよくピアノを弾ける環境を作りましょう。